RECRUIT


リクルート

INTERVIEW

武藤有希

YUKI MUTO

ココット店長 武藤有希

2005 海と接客業が好きで沖縄リゾートホテルでレストランサービスを学ぶ。
2008 地元大阪に戻り、お客様との距離が近い地元のカフェで働く。
お客様により喜んで頂くために料理を学ぼうと決意。
2015 経営を勉強したいという想いから成長企業のカームデザインに転職。
4月にビストロ酒場ココットの店長に抜擢され女性店長として奮闘の毎日。

"海とお客様に喜んでもらうことが大好き"

いつも日常の中で「これええなあ」「盛り付けかわいいなあ」とアンテナを立てて情報キャッチ。そのアイデアをすぐにお店で活かして、お客様にご提案する、お客様からの「いいね、ありがとう」の言葉がたまらなく嬉しくて、飲食の仕事が大好きで働いている私。

そんな私ですが、今は大阪心斎橋のココットというお店の店長として働いています。  店長になるとこの“嬉しい”にちょっと変化がありました。 今まではお客様に「あなたに会いに来たよ」「あなたの料理美味しいね。」その言葉が嬉しくて仕事をしていたけれど、今は自分自身を褒められるよりお店自体をお客様に褒めていただけることのほうが嬉しくなりました。

私は店長であり、チームのひとり。チームの仲間の個性や魅力を活かして仲間と一緒に成長したい、一緒に繁盛店をつくりたい。お客様からお店自体を褒めていただける時にもらえる言葉「楽しかったよ」がたまらなく嬉しいのです。 もちろん、店長ですから責任の重さ、体験したことのないプレッシャーに動けなくなることもありますが、そんな時は必ず会社のメンバーがお店に来てくれたり電話くれたり背中を押してくれます。

海とお客様に喜んでもらうことが大好き

"「好き」という気持ちが何よりも大切"

何かが「好き」という気持ちが本当に大切。「好き」という気持ちを大事にして仕事に励むと仕事が丁寧になる、着実に進みます。「好き」だから努力も惜しまず頑張れます。 だから私はこの仕事の「好き」を大切にしています。

カームデザインは「好き」から生まれた事にチャレンジすることを大事にしてくれる会社です。みんなの一歩踏み込む勇気を待っています。特にカームデザインの女子会も企画したいので女子メンバー!お待ちしています!一度は体験してみたいので社長にホストクラブへ連れていってもらいましょう。

「好き」という気持ちが何よりも大切