RECRUIT


リクルート

INTERVIEW

町田茂

SHIGERU MACHIDA

カームデザイン総料理長 町田茂

1998 少年時代は野球少年。スポーツが大好きでスポーツジムに就職。
2008 独立して経営者をしたい想いから好きな料理の世界に飛び込む。
敷居の高い高級割烹にて料理人を目指す。
2013 和食の基礎を学び、洋食の技法も身に着けたい想いからカームデザイン就職。

"「チャレンジしていいですか」の言葉がたまらなく嬉しい"

入社してから、今までにない新しいメニューの開発、業態の開発、直営ではなくプロデュース業務など、今まで体験したことがないことがどんどん増えてくる、困難を乗り越えて達成する。それが面白くて仕事を仕事と思わずチャレンジしてきました。
そんな自分が総料理長になり、たくさんの部下ができて、今本当にモチベーションになっていること、 それは社員・アルバイトスタッフ問わず、彼ら・彼女らの成長です。

「チャレンジしていいですか」の言葉がたまらなく嬉しい

私は言葉に責任をもって、自ら行動し、背中をみせることが上に立つ人間としての信念なのですが、その姿を見てくれて最近若いメンバーが私に尋ねてくれます。
「こういうことにチャレンジしていいですか?」  言葉だけじゃなくて、行動しようとしてくれる。行動を起こそうとする人は顔つきが変わる、失敗は全部面倒みるから思いっきりやってみ!と。そんな贅沢な時間がカームデザインには溢れています。

困難を乗り越えて達成する。